負け犬の遠吠えブログ

頑張って良かったと思える体験を与えられるように。書きたい時に書きたいことを書いております。

2月17日(水) 劣等コンプレックス

ごきげんようです🙋‍♂️

今日は平日休み。

 

朝から背中トレで追い込んで

順調順調な1日の滑り出しです☺️

 

今日は自分を突き動かす「劣等感」について書いていきたいと思います。

 

劣等感というと

人よりも劣っていることを認識している状態

のことを指すと思います。

 

どうも劣等感というと

マイナスなイメージを持たれがちですが

 

自分の中では大切にしたい感情の1つです。

 

劣等感は頑張る原動力になると考えているからです。

 

自分自身がそうでしたから。

27年間くらい生きてきましたが

 

勝ちたい試合にはたくさん負けてきましたし

怪我もしたり失敗したり

 

人に自慢出来るような

成し遂げたものは1つも持っていません😅

 

これまでの成績を

プロ野球の先発ピッチャーの成績であらわすと

 

4勝6敗 防御率4.35

 

くらいでしょうか?

(分かりづらい?笑)

 

到底満足出来る成績ではありませんね😱

 

でも、だからこそ

今日も明日も練習するのです。

 

劣等感があるからこそ

頑張ろうと思えるし

人生において劣等感は必要な感情です。

 

しかし、自分の劣等感を努力で埋めることを

諦めてはいけません。

 

それを諦めた瞬間に

 

人のせいにしたり

自分を可哀想な被害者にみせたり

他人に自分をあえて大きく見せようとしたりと

 

他責思考に陥り

自分の成長がそこで止まってしまうと思うからです。

 

 

劣等感を感じている自分を受け止め

「これからどうするか」

を考えるのみです。

 

劣等感という負の感情を正のエネルギーに。

 

自分の大好きな小説

森絵都さんの『みかづき』に出てくる一文を最後に貼っておく。

 

「常に何かが欠けている三日月。

教育も自分と同様、そのようなものであるかもしれない。

欠けている自覚があらばこそ、人は満ちようと、満ちようと研鑽を積むのかもしれない、」

 

 

みかづき (集英社文庫)

みかづき (集英社文庫)

  • 作者:森絵都
  • 発売日: 2018/11/30
  • メディア: Kindle版